B型肝炎訴訟の方法

証拠B型肝炎訴訟を行って行くには、集団予防接種によって、B型肝炎になったということを証明するための証拠を提示することが必要になります。一時感染の場合には肝炎の検査結果、母子健康手帳、カルテなどの提示が必要になります。二次感染の場合には、一時感染者である母親についての検査結果を証明するものと、自分の肝炎の検査結果の提示も必要になります。具体的に何を提示することが必要であるのかは厚生労働省の作成したB型肝炎の手引きを参考にしてみるといいでしょう。

B型肝炎訴訟をスタートするためには裁判所に訴状出すことが必要です。それを行うために印紙代5000円程度、郵便代(6000円ほど)などが費用として必要になります。訴状を行う裁判所は集団予防接種が行われた場所を管轄する裁判所でなければなりません。裁判の期間もおよそ1年となっています。裁判によって国との和解が成立すると、給付金が支払われることになります。

書類を提出することによって、自分の希望の口座にお金を振り込んでもらうことができます。弁護士に訴訟の代行を依頼している場合には、給付金がいったん弁護士の方に支払われることになります。その後本人の方に弁護士の方から給付金が支払われることになります。

Pocket

B型肝炎訴訟請求期限

B型肝炎訴訟には請求期限があります。これまでは2017年の1月12日までとなっていました。しかしながら、現状を鑑みて法律の改正が行われて、2022年の1月12日まで請求の期限が延長になりました。請求を行うには訴訟の手続きが必要になりますが、訴訟を行うということになると弁護士さんなどの助けを借りないといけないというイメージになりますが、必ずしも訴訟を行う場合には弁護士の助けを受けないといけないということではありません。個人のレベルでも訴訟を行うことは可能です。もちろん一定の手続きが必要ですので、かなりの時間と手間がかかりますが、絶対に不可能ということではありません。

見積り弁護士に依頼するとそれに比べてスムーズに訴訟をすることができますが、一定の弁護士費用を支払うことが必要になります。しかしながら、弁護士費用の額が決まっていますので、いったいどのくらいの費用になるのか弁護士さんに相談してみてもいいでしょう。最初の相談は無料で行うことができる場合が多いものですので、見積もりなどを請求してみても良いでしょう。

また、国から訴訟に対して弁護士費用の4%が補助されるという制度もありますので、弁護士費用の負担を軽くする制度も用意されています。

Pocket

B型肝炎訴訟の対象者

一次感染者と二次感染者B型肝炎訴訟の対象者は一次感染者と二次感染者です。一時感染者は集団接種により直接にB型肝炎に感染した方ですし、二次感染者は母子感染によって間接的にB型肝炎に感染した方を言います。

一次感染者として認定されるにはB型肝炎ウイルスに現在も感染をしていることが必要です。更には、満7歳までに集団予防接種を受けていることも必要です。また、注射器の連続使用の経歴も必要です。母子感染でないこととその他の集団予防接種による感染でないことを証明することも必要です。

二次感染者として認定されるには二次感染者の母親が一時感染者としての要件を満たしていることが必要です。二次感染者がB型肝炎ウイルスに持続感染していることも必要です。母子感染によって感染していることが必要になります。

一次感染者であっても二次感染者であっても訴訟によって、該当する経路によって感染していることを証明することが必要になります。B型肝炎訴訟に関してどのようにしていけばわからないような場合には弁護士さんなどに相談してみると良いでしょう。弁護士に相談をする前に、60秒診断を行うことができるインターネットサイトも存在していますので、活用してみてもいいでしょう。

Pocket

B型肝炎とは

B型肝炎はB型肝炎ウイルスの感染によって起こされる肝臓の病気です。幼少期の集団予防接種の際に注射器を連続して使用されたことによってB型肝炎ウイルスに感染してしまった場合には国から給付金が支払われる制度となっています。更には母子感染によってB型肝炎になってしまった場合も国から給付金が支払われる仕組みになっています。

注射器の連続使用しかしながら、国からの給付を受けるためには訴訟を起こす必要があります。集団予防の際の注射器の連続使用によってB型肝炎に感染したことを証明する必要がありますので、裁判によってそれを証明することが必要です。裁判においてほとんどの場合において、国が給付金を支払うことになりますので、訴訟を起こすのはお勧めと言えます。逆に国の方で、注射器の連続使用が感染の理由でないということを証明することはかなりむずかしいので、給付金が支払われる可能性が大変高くなっています。

慢性B型肝炎の場合には1250万円の給付金を得ることができます。更には無症候性のキャリアの方も600万円の給付金を受け取ることができます。現在のところ国からの救済を受けている方は一部です。これは周知不足であるということがありますので、自分がB型肝炎にかかっているあるいは可能性があるというような場合には訴訟を検討してみてもいいでしょう。かなりの割合の方が訴訟をしないでいるというデータがあります。訴訟についての手続きが判らない場合には法律の専門家に相談してみるといいでしょう。初回の相談は無料で行うことが可能な弁護士さんもいますので、遠慮なくまずは相談をしてみるといいでしょう。

参考サイト≪B型肝炎の給付金請求_弁護士法人アディーレ法律事務所

Pocket