B型肝炎訴訟の方法

証拠B型肝炎訴訟を行って行くには、集団予防接種によって、B型肝炎になったということを証明するための証拠を提示することが必要になります。一時感染の場合には肝炎の検査結果、母子健康手帳、カルテなどの提示が必要になります。二次感染の場合には、一時感染者である母親についての検査結果を証明するものと、自分の肝炎の検査結果の提示も必要になります。具体的に何を提示することが必要であるのかは厚生労働省の作成したB型肝炎の手引きを参考にしてみるといいでしょう。

B型肝炎訴訟をスタートするためには裁判所に訴状出すことが必要です。それを行うために印紙代5000円程度、郵便代(6000円ほど)などが費用として必要になります。訴状を行う裁判所は集団予防接種が行われた場所を管轄する裁判所でなければなりません。裁判の期間もおよそ1年となっています。裁判によって国との和解が成立すると、給付金が支払われることになります。

書類を提出することによって、自分の希望の口座にお金を振り込んでもらうことができます。弁護士に訴訟の代行を依頼している場合には、給付金がいったん弁護士の方に支払われることになります。その後本人の方に弁護士の方から給付金が支払われることになります。

Pocket