B型肝炎訴訟請求期限

B型肝炎訴訟には請求期限があります。これまでは2017年の1月12日までとなっていました。しかしながら、現状を鑑みて法律の改正が行われて、2022年の1月12日まで請求の期限が延長になりました。請求を行うには訴訟の手続きが必要になりますが、訴訟を行うということになると弁護士さんなどの助けを借りないといけないというイメージになりますが、必ずしも訴訟を行う場合には弁護士の助けを受けないといけないということではありません。個人のレベルでも訴訟を行うことは可能です。もちろん一定の手続きが必要ですので、かなりの時間と手間がかかりますが、絶対に不可能ということではありません。

見積り弁護士に依頼するとそれに比べてスムーズに訴訟をすることができますが、一定の弁護士費用を支払うことが必要になります。しかしながら、弁護士費用の額が決まっていますので、いったいどのくらいの費用になるのか弁護士さんに相談してみてもいいでしょう。最初の相談は無料で行うことができる場合が多いものですので、見積もりなどを請求してみても良いでしょう。

また、国から訴訟に対して弁護士費用の4%が補助されるという制度もありますので、弁護士費用の負担を軽くする制度も用意されています。

Pocket