B型肝炎訴訟の対象者

一次感染者と二次感染者B型肝炎訴訟の対象者は一次感染者と二次感染者です。一時感染者は集団接種により直接にB型肝炎に感染した方ですし、二次感染者は母子感染によって間接的にB型肝炎に感染した方を言います。

一次感染者として認定されるにはB型肝炎ウイルスに現在も感染をしていることが必要です。更には、満7歳までに集団予防接種を受けていることも必要です。また、注射器の連続使用の経歴も必要です。母子感染でないこととその他の集団予防接種による感染でないことを証明することも必要です。

二次感染者として認定されるには二次感染者の母親が一時感染者としての要件を満たしていることが必要です。二次感染者がB型肝炎ウイルスに持続感染していることも必要です。母子感染によって感染していることが必要になります。

一次感染者であっても二次感染者であっても訴訟によって、該当する経路によって感染していることを証明することが必要になります。B型肝炎訴訟に関してどのようにしていけばわからないような場合には弁護士さんなどに相談してみると良いでしょう。弁護士に相談をする前に、60秒診断を行うことができるインターネットサイトも存在していますので、活用してみてもいいでしょう。

Pocket