B型肝炎とは

B型肝炎はB型肝炎ウイルスの感染によって起こされる肝臓の病気です。幼少期の集団予防接種の際に注射器を連続して使用されたことによってB型肝炎ウイルスに感染してしまった場合には国から給付金が支払われる制度となっています。更には母子感染によってB型肝炎になってしまった場合も国から給付金が支払われる仕組みになっています。

注射器の連続使用しかしながら、国からの給付を受けるためには訴訟を起こす必要があります。集団予防の際の注射器の連続使用によってB型肝炎に感染したことを証明する必要がありますので、裁判によってそれを証明することが必要です。裁判においてほとんどの場合において、国が給付金を支払うことになりますので、訴訟を起こすのはお勧めと言えます。逆に国の方で、注射器の連続使用が感染の理由でないということを証明することはかなりむずかしいので、給付金が支払われる可能性が大変高くなっています。

慢性B型肝炎の場合には1250万円の給付金を得ることができます。更には無症候性のキャリアの方も600万円の給付金を受け取ることができます。現在のところ国からの救済を受けている方は一部です。これは周知不足であるということがありますので、自分がB型肝炎にかかっているあるいは可能性があるというような場合には訴訟を検討してみてもいいでしょう。かなりの割合の方が訴訟をしないでいるというデータがあります。訴訟についての手続きが判らない場合には法律の専門家に相談してみるといいでしょう。初回の相談は無料で行うことが可能な弁護士さんもいますので、遠慮なくまずは相談をしてみるといいでしょう。

参考サイト≪B型肝炎の給付金請求_弁護士法人アディーレ法律事務所

Pocket